梅雨

今年の梅雨は大雨が多いですね。
近所の川が氾濫しそうだという情報に、私も久しぶりに不安な夜を過ごしました。

雨は止むことなく、降り続き、保育園までもが休園になり、街中は水が溢れて通行止めの場所もちらほら見られました。

そんな時に近所の注意を知らせる放送は、窓を開けてもよく聞こえない状態。

アプリの雨雲レーダーを幾度と確認し、
住む街の公式ツイッター、
友人がまめにSNS に投稿してくれていた干潮・満潮の情報などを頼りに過ごしました。

情報を得ることが出来ることのありがたさを感じます。

近所の放送が聞こえずらかったと書きましたが、雨が上がり警報解除をお知らせする放送の音は部屋の中でも十分聞こえて、逆にうるさいと感じるほど。

こういう部分も自然の力には敵わないってことですね。。

 

最後に、この度の7月豪雨によって被災されました方々には、心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復興をお祈りいたします。

Continue Reading

シーズン到来

この時期、軽トラックと遭遇する機会が増えます。

田に水がはいると「いよいよかー」と思います。
そう、田植えのシーズンです!

小さいころから田んぼの手伝いをさせられました。
田植えの時期は、田んぼに裸足ではいり、兄弟横一列に並んで、大きい石が無いか歩いて確認したことも…。

気づけが、あの頃から〇十年経ちますが、今年も田植えの手伝いへ行ってきました。

我が家では父親の「(農業)辞める辞める」詐欺が、ここ数年続いています。
周りの反応を見ると「あるある」らしいです。

手伝いで休日が潰れるのが嫌な時期もありましたが、今となっては貴重な体験をさせてもらっていると思っています。
田んぼの「見守り担当」である父親の体力が続く限り、やっていきたいものです。

そして、この時期の、
田に水かはり、
緑の直線が並ぶ、
この風景はとっても綺麗です。

 

同時にカエルの鳴き声がやってきますよ。

Continue Reading

ほんわか

週末、2歳になったばかりの娘とお買い物。

レジで支払をするため、財布に目を向けたその一瞬のすきに、
レジ近くに並べてあった、商品を保護する透明ファイルをびりっと破り…
(なんて素早い!!)

店員さんへ謝罪し、
申し訳なさいっぱいで、レジを立ち去った後、

後ろから声をかけてくれた女性が。
「今回はかわいい方ですよ。うちの子はもっと散々で商品(食べ物)を下に散らばらしてしまって、私と店員さん3人がかりで掃除して…」
と自分の体験談を話してくださり。

「お互い頑張りましょうね」と。

そう言えば、この子が1歳半位の時もショッピングストアで、
ベビーカーに乗せても、抱っこをしても、「わーっ!ぎゃーっ!」と。

そんな格闘を見られていたのか、
通りすがりに「頑張って!」と笑顔でエールをくれたご婦人が。

ひと声でスーっと気持ちが軽くなりました。

コロナ禍の影響で、気持ちのすっきりしない日々が続いていますが、
そんななか、こころ温まるできごと。
やっぱりひととの関わりってあったかいです。

Continue Reading